fc2ブログ

スターツプロシード投資法人【8979】より分配金をいただきました他

2018年最初のインカムゲインはスターツプロシード投資法人【8979】からです。
スターツプロシード投資法人【8979】の前回記事はこちら

一昨年までに少しずつ投資口数を増やし、今では5口の所有となってサラリーマン投資家のポートフォリオの国内REITクラスでは一番大きな比率を占める銘柄です。
この度、分配金を税引き後18,424円頂きました。
投資口単価が購入時よりも下がっているのですが、今まで得られた分配金の総額でようやくトントンになりそうなところです。
投資口単価はここ最近上昇傾向なので、このまま頑張ってくれるといいのですが…
そろそろ日銀の国債購入も減らして利上げへの地ならしを始めそうな雰囲気があるので不安です。

その他に、年明けすぐにMUTOHホールディングス【7999】をようやく売却しました。
不採算銘柄の売却という長年の夢が叶いました(?)
2,505円×100株-売買手数料=250,192円が手元に入りましたが、購入時は413,000円ほど払っておりますので大赤字です。配当も微々たるものでした(泣)
この赤字分は今年1年分のインカムゲインとの損益通算分で帳消しにできそうかと思います。

さて、そしてその売却して得られたキャッシュで早速購入しました。
NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数【2515】です。
今年はポートフォリオのバランスに着目して資産を増やしていくつもりです。
基本は株:REIT:債券を37%:37%:25%(その他1%)という比率にしたいと考えており、株・REITの37%の中を国内:先進国:新興国25%:6%:6%とすることを目指しています。
その中でサラリーマン投資家の保有銘柄では先進国REITの投資銘柄が無かった為、今回購入に至りました。
この銘柄は去年の12月に設定されたばかりなのでまだ分配金実績はありませんが、目論見書ベースではファンドが得たインカムゲイン収益を全額投資家に分配してくれます。
購入単価は989円で100株購入しました。
今から分配金が貰える日が待ち遠しいです。

ポチっと応援お願いします。


にほんブログ村

サラリーマン投資家お勧めの証券会社↓



スポンサーサイト



つみたてNISAについて

2018年2発目の記事は最近話題のつみたてNISAについてです。

サラリーマン投資家は昨年まで子供の学費用にNISAで投資信託を積立で毎月15,000円ずつ購入していました。
学費用ということもあり、いつ引き出しても大損しないようボラティリティの低い国内債権に投資する投資信託です。
まぁ、投資成績は芳しくありませんでしたが…
NISAで購入している投信の記事はこちら。

しかしながら、今年からつみたてNISAなる制度が始まりました。
当ブログに訪問されている皆様は金融リテラシーの高い方々なので今更説明不要かもしれませんが、一応。
つみたてNISAと通常のNISAの違いは大きく3つ。
一つ目は非課税期間で、つみたてNISAは20年、NISAは5年。
二つ目は年間の投資可能枠で、つみたてNISAは年間40万円、NISAは年間120万円。
そして三つ目は投資可能商品です。つみたてNISAは金融庁のお墨付きをもらっている特定の投信のみ。NISAは株も投信もOKで、株は海外株でも良くて投信はほぼ全ての投信が対象です。
あ、あともう一つ違いを付け加えるならば名前のとおり、つみたてNISAは名前の通りつみたて購入しかできませんが、NISAは一括でドカンと買うことが可能です。
あとはググればもっと丁寧な説明がたくさん出ていると思いますので割愛します。

サラリーマン投資家は今年から通常のNISAからつみたてNISAに切り替えて非課税運用を行うことにしました。
というのも、上述の通りNISAでの投資目的は子供の学費であり、サラリーマン投資家Jr.はまだ赤ちゃんです。
なので、学費が必要となるのは十数年先でして期間的にもつみたてNISAのほうが有利と考えました。

で、肝心のつみたてNISAの口座でどの銘柄に投資するかというお話。
年間の投資枠をほぼ使い切るように月33,000円ずつ以下の3銘柄に分けて積み立てます。
ニッセイ-ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式/リート/債券)…20,000円
フィデリティ-フィデリティ・欧州株・ファンド…5,000円
レオス-ひふみプラス…8,000円

なぜこの3銘柄かと言うと、共通してポートフォリオが分かりやすかったからです。
個別には、ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式/リート/債券)は債券重視のバランス型インデックス投信で、サラリーマン投資家のポートフォリオの中で今後個別で購入している個人向け社債の償還が相次ぎ、比率が落ちていくと思われる債券のクラスを穴埋めしてくれると思われる為、つみたて購入を決めました。
国内債券25%、先進国債券25%、国内株式10%、先進国株式10%、新興国株式10%、国内リート10%、先進国リート10%という分かりやすい資産構成で尚且つ債券重視でインデックス型の為信託報酬が約0.35%と低めなので魅力的です。

フィデリティ・欧州株・ファンドはアクティブ型投信で信託報酬が1.62%と今の時代では珍しいくらいの高水準ですが、サラリーマン投資家のポートフォリオの中で不足気味になりがちな先進国株のクラスを穴埋めしてくれること、尚且つ個人では購入しづらい欧州株に投資してくれることから購入を決めました。先進国でも米国であれば自分で株やETFを買うことも可能なのですが欧州となると株・ETFともに取扱いが少なく選択肢が大きく制限されます。

最後にひふみプラスですが、こちらもアクティブ型投信で信託報酬は1.058%とこちらも高め。ですが、成長が見込める日本の企業に投資してくれていることと、経済の雲行きが怪しくなった時には現金のポジションを増やして危機に備えると公言しているところを信用して購入しました。

つみたてNISAだけで年間40万円近く投資することになるので、今後は個別銘柄への投資が少し抑え気味になるかもしれません。
まぁこれも子供の為と覚悟しましょう。
20年後に大きくなって帰ってくることを祈ります。

ポチっと応援お願いします。


にほんブログ村

サラリーマン投資家お勧めの証券会社↓

2017年の成績、2018年の抱負

明けましておめでとうございます。

明けてしまいましたが昨年1年間の投資の総括を。
外貨建て資産は面倒なので円建て資産のみですが、下記の通り。
インカムゲイン累計:\150,885
譲渡益:-\6,110
定期預金利息:\6,528


合計:\151,303

昨年は大きな損切りを封じたので何とかプラスで終えることができました。
損切りを封じた理由はズバリ、過去3年分の繰越損失が残っているからです。(トホホ…)
昨年の利益でようやく過去の損失の積み重ねとお別れができそうです。

さて、去年の話はここまでにして今年の抱負というか目標を。
今年の目標は「昨年末時点での資産残高を上回ること」と「奨学金を全額返済すること」です。
サラリーマンとして一定の収入がある中で、昨年の資産残高を上回ることなんて当たり前のようなことですが今年は新居の建設と引越を控えている為、大きな出費が予想されます。
家の頭金は既に払い終えていますが、住宅ローンの借入を少しでも減らす為に決済時にもう少し自己資金を投入しようと考えています。加えて、新生活に必要な家具・家電類の購入等々もあり細々とした出費も増えそうなのです。
さらに奨学金が昨年末の段階で残り60万円弱ほどあり、負債をなるべく減らす戦略の元、こちらも今年中に完済させたいと考えています。
そのような状況下ですので、昨年末の資産残高を上回る状態で終えられれば上出来かなと個人的には思っています。
あ、勿論負債はカウントせずに単純に金融資産のみでの話です。住宅ローンを入れると間違いなく債務超過になってしまうので。

そんなこんなで今年もよろしくお願いします。

ポチっと応援お願いします。


にほんブログ村

サラリーマン投資家お勧めの証券会社↓

WISDOMTREE INDIA EARNINGS FUND【EPI】買いました

以前の記事でポートフォリオの構成に言及したサラリーマン投資家ですが、この理想の構成に近づけるべく新規に新興国株式クラスのETFを購入しました。

WISDOMTREE INDIA EARNINGS FUND【EPI】です。
中国にはなるべく投資したくないサラリーマン投資家。ETFも地域全体や新興国全体をカバーするものでは、必ずと言っていいほど中国が投資対象に入ってしまうので、1つの国をターゲットにしたものに焦点を当てて来ました。

一番の候補としてはISHARES MSCI THAILAND CAPPED ETF【THD】だったのですが、タイは数年に一度政変が起こってそのタイミングで暴落すると信じているので、ここ最近の落ち着いた情勢のなかでは手が出せません。(昨年国王がご逝去された際には暴落したのですが、米ドルキャッシュの不足により購入できませんでした。あの時買えていれば…)

次の候補として今後有望と思われるインド銘柄のWISDOMTREE INDIA EARNINGS FUND【EPI】に投資した次第です。
新興国銘柄なだけあって、チャートを見てみると上下が激しいように見えますが、この1年間はほぼ上がりっぱなしのようです。
まぁサラリーマン投資家としてはコツコツとインカムゲインを生み出してくれれば良いだけなのですが。

さて、中国への投資はなるべく避けていると言っていたサラリーマン投資家ですが、もう一つの米ドル建てETFであるVANECK VECTORS VIETNAM ETF【VNM】には残念ながらポートフォリオ内に中国銘柄が4%ほど混ざってしまっています。
さらに、サラリーマン投資家のポートフォリオ内の円建てETFの上場インデックスファンドアジアリート【1495】には中国リートが14%、香港リートが18%で合計すると32%もの割合で含まれています。

…、そんなこと言い出したら株の銘柄だって中国に設備投資している会社はいっぱいあるしね。このご時勢、中国を完全に避けて投資するのはなかなか難しいことなのかもね。なんかアレルギー表示を見ながら食べ物を買うようで神経使いますな。

インカムゲイン投資のバイブル↓


ポチっと応援お願いします。


にほんブログ村

サラリーマン投資家お勧めの証券会社↓

2017年11月のインカムゲイン実績他

久しぶりにですがインカムゲイン実績の報告を行いたいと思います。
日本円建て…8,383円
US$建て…13.18US$
AUD建て…12.92AUD

内訳としては日本円建てが以下の通り。

日産自動車…2,113円
(一株あたり26.5円×100株)

ETF
iシェアーズ米国高配当株ETF…492円
(一株あたり56円×11株)

債券
第45回ソフトバンク株式会社無担保社債…5,778円
(利率1.45%で100万円分保有)

US$建て
債券
クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク 2021/4/30米ドル建社債…13.18US$
(利率1.65%で1,000US$分保有)

AUD建て
債券
トヨタ モーター ファイナンス (ネザーランズ) ビーブイ 2019/5/17満期 豪ドル建社債…12.92AUD
(利率3.23%で1,000AUD分保有)

US$建ての債券は残念ながら外貨建て定期にしても大差ない利率となってしまいました。
米ドルがもう少し利上げされれば逆転もあり得そうです。

あと先月は国内株式の上期の決算報告ラッシュでしたが、サラリーマン投資家の保有銘柄はイマイチ世間の好景気の波に乗り切れていない感じです。(スバルは日産等、問題を抱えた銘柄もありまして…)

ポートフォリオの情報もお伝えしたいのですが、ちょっと面倒なのでまた今度。

インカムゲイン投資のバイブル↓


ポチっと応援お願いします。


にほんブログ村

サラリーマン投資家お勧めの証券会社↓

プロフィール

kt

Author:kt
30代前半のサラリーマン投資家です。
投資スタイルは長期ホールドのインカムゲイン狙い。
高配当・割安銘柄に投資を行い、投資だけで安定した収入を得て海外移住してのんびりした暮らしを送ることが目標。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
管理人愛用の金融機関
管理人愛用のネット銀行です。 平日の昼間に自由に出歩けないサラリーマンにおあつらえ向きです。
管理人お勧めのネット証券
投資チャンスを見逃さない為には複数の証券会社で口座開設しておくことをお勧めします。
管理人の投資バイブル
私の愛読書を紹介します。
管理人保有銘柄のプロモーション
保有銘柄の業績向上の為に宣伝します。
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者数