SUBARU【7270】購入しました他

トランプ大統領のロシアゲート疑惑!ついに北か?もとい、ついに来たか?株価暴落のタイミング!?
これは行く末をじっくり見守りながら底値付近で買いを入れましょう!ってあらら~?
もう約定してまってますやん…。

というわけで、普段から欲しいと思っている銘柄に対しては予期せぬ暴落時に備えて予め低めの金額で期間指定の一番長い期間で購入指示を出し続けているサラリーマン投資家ですが、今回のプチ暴落でその購入指示が約定に至ってしまいました。
昨晩出張先のアメリカより戻ったのですが、日本時間では一昨日の深夜あたりから移動を開始しており、その間ニュースや証券会社のサイトにはアクセスできませんでした。
そんなこんなで世間の情報から隔離されているうちに日本ではプチ暴落が発生し、SUBARU【7270】が購入できてしまいました。
可能なことであれば、もう少し行く末を見守ってからにしたかった…

そんなこんなで、このSUBARU【7270】も購入前にこのサイトで紹介したかったのですが、またしても抜け駆け買いになってしまいました。
では一応ファンダメンタルの分析を。
PER:10.24倍
PBR:2.00倍
ROA:10.32%
ROE:19.54%
配当利回り:3.78%
配当性向:38.74%
株主資本比率(自己資本比率):53.58%
流動比率:1.82倍
ネットキャッシュ:831,141
時価総額:2,942,682百万円
前提となる株価は手数料含め、私が購入した価格の3,805円で計算しています。本日の終値もほぼ同額の3,812円なので特に今回は現状の株価と購入時の価格を分けていません。
一株当たりの配当は今期予想の144円としています。
私の保有銘柄の中のもう一つの自動車関連株である日産自動車と比較すると自己資本比率やネットキャッシュの面でSUBARUの方が健全な経営をしていると言えるかもしれません。但し、善し悪しは別として自己資本比率はあまり高いと企業買収のターゲットにもなりやすいという側面もあります。
SUBARUの今期の業績予想及び配当予想は想定為替レート110円/ドルですので、非常に楽観的と考えられます。
為替相場は昨日の時点で既に1ドル110円台をマークしておりますので、今後為替レートが円高に振れると予想通りの決算とはならない事態も起こり得ます。
それでも着実に稼ぐ力のある日本の自動車メーカーの一角なので、今後に期待しましょう。

そもそもこの銘柄、個人的に来年あたりに車の購入を考えており選定過程でスバル車いいなぁ~と思っていた折にふとIR情報に目を通したことがきっかけでした。
結局サラリーマン投資家はスバル車を買わずスバル株を買いましたとさ。
でも今後、決算情報をこまめに調べることにより新車購入時の値引き対応の良い時期が分かるかもしれません。
そんなことも楽しみに保有を継続したいと思います。

さて、最後にその他情報。
トヨタ モーター ファイナンス (ネザーランズ) ビーブイ 2019/5/17満期 豪ドル建社債から利払いがありました。
金利3.23%で1,000AUD保有で、税引後12.94AUD頂きました。
AUD自体は現在円安状況下にあり、さらにAUDで購入できる魅力的な投資商品も少ないので新規の購入はしていません。
とりあえずはSBI銀行の外貨普通預金に預けていますが、債券購入の際に購入単位の価格に届かなかった端数と一緒に外貨建てMMFにするか定期預金にするか考えています。
外貨建てMMFの場合は変動もありますが金利約1%、定期預金の場合は1年で2%です。一方外貨普通預金では0.3%です。
いずれもSBI証券・SBI銀行での話ですが、寝かしておくのは勿体無いので何かしらの運用をしたいと思います。

その他、保有銘柄の決算報告やiDeCoの話やらいろいろとあるのですが疲れたので今日はここまで。

ポチっと応援お願いします。


にほんブログ村

サラリーマン投資家お勧めの証券会社↓


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kt

Author:kt
30代前半のサラリーマン投資家です。
投資スタイルは長期ホールドのインカムゲイン狙い。
高配当・割安銘柄に投資を行い、投資だけで安定した収入を得て海外移住してのんびりした暮らしを送ることが目標。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
管理人愛用の金融機関
管理人愛用のネット銀行です。 平日の昼間に自由に出歩けないサラリーマンにおあつらえ向きです。
管理人お勧めのネット証券
投資チャンスを見逃さない為には複数の証券会社で口座開設しておくことをお勧めします。
管理人の投資バイブル
私の愛読書を紹介します。
管理人保有銘柄のプロモーション
保有銘柄の業績向上の為に宣伝します。
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
訪問者数